メニュースキップ

正しいマインド教育の不才で青少年問題、社会問題など様々な問題を解決できる特別な方法がない。これを受けて48日から3日間、静岡県熱海市伊豆にてマインド教育専門講師の訓練機関である「国際マインド教育院」から専門講師を招き、日本・熱海でマインド教専門講師の訓練が行われた。「国際マインド教育院」は18カ国を巡回し、310回にも及ぶマインド教育を実施した。そしてこの度、行われたマインド教育は日本に光をもたらすと講師を述べた。本集会には総勢100人が参加した中で、3日間にわたり訓練を受けた。

今回、 マインド講師として来日した土地住宅研究院の研究委員であるイ・ミョング博士は「現存する最高の教育法はマインド教育」であると述べ、本教育の重要性を強 調した。「マインド講師は人々の心を変えてあげる必要があります。みなさんが変われば幸せになり、その幸せを多くの人に伝えることができます。マインド教 育は知識の共有ではなく幸せな心の共有です。これを知らないがために世界の多くの人々は不幸に生きています。これを伝えれば幸せになれます。日本の総人口 1億3千万をみなさんが変えることでしょう。


-1.jpg

イ・ミョング博士のマインド教育は「現存する最高の教育法」


「現代社はデジタルの時代です。隣に人がいても話しません。績や成績によって、きりの競が起こる時代になりました。いくつかはアナログの時代にしましょう」と述べ、

心を分かち合うことがどれほど重要であるかを明した。際に本人の経験談を通して、心のつながりについて述べた。「ある日、息子の成績表を見た途端に苛立ち、紙をぐしゃぐしゃにして息子の顔に投げつけた上で、怒鳴った。それ以、息子は私に心を閉ざし、挨拶以外の話はなかった。祈っても固く閉ざされた息子の心は開かれなかった。長い月がち、息子とのアメリカで暮らすようになった。年間を共にしながら息子と共に英語の勉もし、話を交わす中で息子と心が近づいた。息子は父の愛でつなるがるようになり、心が通じ始めた。この時にどんなことを話しても息子は心を閉じなかった。


-2.png

国際マインド教育院キム・ジェホン院長の「マインドの必要性と重要性」強調


「日本は表面的に豊かであるが、面は病にかかっている。うつ病、引きこもり、自殺など少年問題が深刻であるが、これを解決しきれていない。少年にどんなマインドを入れてあげるかによって少年の人生をえることができるのだ。正しいマインドを持てば人生すべてがわる。マインド育なしで育のみを受けるとどうなるのか。育はまさに室ルと同じだ。」とマインド育の必要性と重要性を調した。そして講義案の作成、講義方法など育の時間を通して質的にマインド講演を準備できるように案した。「マインド育とは何かと尋ねられた際に見せるものが「マインド育の講義案」である。講義容、資料、問題の原因、解決方法などを一目で見て、明するために講義案が必要だ。そしてチム別の討論や全体の表を通してよりよい講義案を作成する必要がある。」と述べ、キムジェホン院長は「水には級があるように心にも級がある」とマインドの5段階を明した。マインド次第で人生がわり、本マインド育を講義する加者にとって手助けになることをえた。


-3.jpg

 キム・ジェホン院長のマインド講演に耳を傾ける参加者


-4.jpg

 夢を主題に講演するパク・ヤンス講師


二日目には際マインド育院の副院長パクヤンス講師は人は考えて行動することを述べた。「行動には報酬が伴うためけるようになる。ゲムをすれば面白という報酬が伴うためしくすることに慣れてしまえば、誤った心が作られる。心をえて行動をえるには限界がある。だから考える必要がある。思考は深くするものではない。自分でいくら深く思考しても自己流の思考してしまうため意味がなく、思考は大きな夢を持った人とつながること」という旨を述べた。

 

「今回、成功した人という講義の中であひるの話を聞きました。あひるは飛ぶことも泳ぐことも走ることもできます。しかしチタのように速く走れたり鳥のように上手に飛ぶことはできないという話でした。ほとんどの人がチタのように速く走れたり、鳥のように上手に飛べる能力があるにもわらず自分はできないという考えのゆえにあひるように生きているという御言葉が一番心にりました。自分はできないという間違った考えのゆえに本に自分があひるのように現足し、何も挑していないという事を悟りました。間違ったマインドを持っている自分を見することができ、それが最も大きな穫となりました。マインド講習加したことによって正確なマインドをもち、どのように人生をめばよいのかについて受講でき、本に良かったです。(野あずみ)」

 

講演以外の時間では加者が材を土台に講義案の作成および班別の表を行った。初めは表への負担もあったが、マインド門講師になるための第一を踏み出した。夜中になってもあちこちでは夜通しで講義案を準備する加者の姿はすでにマインド門講師の姿であった。


-5.jpg

 試験のための講義案を作成


ミョング博士は「ユダヤ人 母親の力」という本を紹介し、子供に100の愛をあげれる況で100すべてをあげてはならずに50はあげて、50す「半分愛し」について述べた。

親が子供に自車のり方をえていた。急に雨が降り出し、滑って泥沼に自車がはまってしまった。子供がけ出そうとするができなかったがユダヤ人の母は子供をそのままほっておいてった。「自分で出てきなさい。」子供とは自車を倒して引っ張って出てきた。その時、ユダヤ人の母は「良くやった」と子供を抱いてあげたという。親は半分ほどの愛はす必要がある。

子供に優しくするため、親にってしまうのである。苦しいことがあっても挫折せずにその苦しみをり越える力を養うのである。苦しみがあってもり越えれば幸せになれる。とえた。


-6.png

 ‘MBTI 好きなタイプを通して幸せな生活


午後には16種類に分けられる性格テストを行った。人間係で起きる問題は相手が間違っていると考えるためである。際は間違っているのではなく、異なるだけである。

「講演中、最も心にった容は心の級があるということである。心には1から5まで段階がありますが、その中で私はどの段階であるかを把握する時間をもった。そしてマインド門講師の講習を通して人と接する時に「違う」という固いをもってたが、「違う」ではなく「異なる」という形で考えられるようにしてくださり本に感謝している。他の人が考えることが間違っているのではなく、他の人の考え方と自分の考え方が異なることを受け入れることによって人をく見る目をもつようになった。以前は常に拒否感を抱いていたが、人を理解して受け入られる心にえて下さったことに本に感謝しています。」ウォンソンホ

加者は訓練を受ける中で今まで低いマインドであったため、現に安住して他人を批判する生活を送るしかなかったとびの重要性について改めて悟るきっかけになった。マインド育を通して心を開くようになり、開かれた心が挑するマインドにわった


-7.jpg

 全体発表・負担を乗り越える時間


-8.jpg

 訓練に没頭する参加者


3回に渡って開かれた専門講師の訓練を通して最終合格した参加者 には国際マインド教育院が発行する専門講師の資格が送られる予定である。参加者はマインド教育を受講する中で、肉体の欲求に従って生きるマインドから逃 れ、世界最高のマインドを持つようになった。また、マインド教育が日本を変える道具になることを期待している。

最終日の朝、キム・ジェホン院長は「水にも級数があるように心にも級数がある」と述べ、マインドの5段階を説明した。「マインド次第で人生が変わります。3級のマインドであっても時間と要件が整うと、非正常のマインドに流れてしまう。」と述べ、挑戦する人生と挑戦を楽しむマインドを強調した。


-9.jpg

 挑戦する人生を歩み始めた参加者


-10.jpg

 マインド教育専門講師と参加者


参加者はマインド教育専門講師の訓練を通して日本でのマインド教育に必要性を切実に感じた。

これから多くの専門講師が輩出され、13千万の日本人を幸せにし、心を変わるという貴重な働きに使われる大きな希望を持つようになった。





  1. [姫路]自己啓発講演会

    6月12日から15日までの3日間、姫路にある国際交流センター・イーグレにて、国際交流のためのマインド講演が開かれました。 講演は、国際交流センター姫路支部が、センターの支援を受けて行うことができました。 韓国のウルジン支部のムン・...
    Date2017.06.17 Views38
    Read More
  2. [大阪]マインド教育院のイ・ホンモク博士を招いたマインド講演会

    今回、韓国からマインド教育院のイ・ホンモク博士と教育院の青年たち27名が6月1日からの3日間、大阪マインド教育院に来た。 「私(大阪マインド教育院、ムン・ジョンチョル支部長)の心に「何でもチャレンジしてみよう」と言われたパク・オクス設立者の話...
    Date2017.06.17 Views69
    Read More
  3. [日本]私は日本一のマインド講師です!

    4月21日から23日まで、静岡県熱海の伊豆山研修センターでマインド講習会が行われた。今回の講習会には日本各地から、約80人の志願者がマインド教育に対する熱意と期待を持って集まった。 ▲イ・ヒムン講師の講演 世界的に教育の問題が深刻さを増す中、...
    Date2016.04.29 Views151
    Read More
  4. [インド]プネ大学、マインド教育ミャンプ開催

    3月17日、18日にインドのプネD.Y Patil大学とBharati大学で マインド教育キャンプが開かれた。今回のキャンプではインドの大学生に映画‘Inside out’をモチーフとして作ったマインドレクリエーションをし、「シナジー効果」と「発見」をテーマにマインド講演を...
    Date2016.04.29 Views170
    Read More
  5. [日本] 山形県・老人ホームでのマインド講演会

     2016年3月2日、山形県東根市に位置するデイサービス「いーかおえがお」にて国際マインド教育学院の専門講師・松本健一は幸せになる3つの言葉を主題にマインド講演を行った。高齢者の方々30名と職員の方5名が参席し、海外ボランティアの団員によるダンス、...
    Date2016.03.10 Views255
    Read More
  6. [日本] 沖縄県民のためのマインド講演会

     2015年12月15日から17日まで3日間「成功する生き方と幸せな生き方のための自己啓発」講演会が沖縄県宜野湾ベイサイド情報センタ-で開かれた。講師の中澤操氏は 「川の流れのように心にも流れる道がある。」というテーマで 心の世界を6段階に分けて詳しく...
    Date2016.02.26 Views94
    Read More
  7. [日本] 福岡で自己啓発のための講演会

     2015年6月15日から3日間、福岡県福岡市博多区博多南地域交流センターで、リカンウク専門講師を招待し自己啓発のための講演会を行った。講師は「心の傷」「心の変化」「心の交流」「心の流れ」 などテーマ別で心の世界を詳しく伝えた。 「学校でいじめ...
    Date2016.02.26 Views118
    Read More
  8. [日本] 熱海でのマインド教育 専門講師の訓練

    正しいマインド教育の不才で青少年問題、社会問題など様々な問題を解決できる特別な方法がない。これを受けて4月8日から3日間、静岡県熱海市伊豆にてマインド教育専門講師の訓練機関である「国際マインド教育院」から専門講師を招き、日本・熱海でマインド教...
    Date2016.02.20 Views110
    Read More
  9. [日本] 埼玉県・老人ホームでのマインド講演会

    2016年2月4日、埼玉県狭山市に位置する介護老人福祉施設「ジョアン宮地の里」でマインド講演会および海外ボランティアの団員による慰問公演が行われた。 初め、参加者は40~50人程度だったが徐々に増え、最終的には80人を超える人がロビーに駆けつ...
    Date2016.02.10 Views459
    Read More
  10. [韓国] 世界初、人格教育義務化法案が通過

    世界初、「人格教育振興法」制定、人格教育総合計画を樹立し、2015年7月から国と自治体、学校での人格教育が義務化される。 昨年12月29日、与野党の国会議員199名の満場一致で「人格教育振興法(人格教育法)」が通過した。 教師に対する人格教育も強化される...
    Date2015.03.11 Views455
    Read More
  11. [韓国] 国際マインド教育院 民間資格登録証取得

    第2014-5260号 民間資格登録証 1.登録資格管理者:国際マインド教育院 2.事業者登録番号:214-82-66742 3.住所(所在地):ソウル特別市瑞草区南部循環路342道100-15(良才洞) 4.代表者   氏名:キム・ジェ...
    Date2015.03.11 Views874
    Read More
  12. [韓国] フィリピン教育者のためのマインド教育

    2014年4月21日から6日間、マインド教育学院インチョンセンターでは、フィリピンから来た大学教授、小中高の校長、教頭、教師など 教育関係者130名が参加し、フィリピン教育者のためのマインド教育を行った。未来の主人公である青少年たちに正しい価...
    Date2015.03.11 Views318
    Read More
  13. [韓国] ムンイル女子高マインド講演

    2013年5月16日(木)インチョン市のムンイル女子高でマインド講演が開かれた。 講演の前に、リオ・モンターニャの公演があり、生徒たちは歓声をあげ一緒に歌いながら楽しんだ。 キム・ジェホン(国際マインド教育院院長)は...
    Date2015.03.11 Views126
    Read More
リスト
Board Pagination Prev 1 Next
/ 1